マンデリン・リントン・馬面ミックス 深煎(フレンチロースト)

マンデリン・リントン・馬面ミックス 深煎(フレンチロースト)

販売価格: 750円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

在庫なし

商品詳細

200gで10%OFF、500gで20%OFFです!

インドネシア、最大のコーヒー名産地、リントン。
この名産地栽培されているジュンベル、アテン、
そして貴重なティムティム(通称馬面ウマヅラ)の
3品種をミックスしたコーヒーです。

マンデリンらしい煙立つような鮮烈なアロマ、
濃厚でどっしりとしたボディ、
それでいて非常にクリアーですっきりとしていて、
きれいな余韻が後を引くコーヒーです。
特にウマヅラがミックスされている影響でしょうか、
マンデリンとしては非常にマイルドな味わい!
マンデリン好きはもちろん、
マンデリンはちょっとクセがあって、、、
という方にもぜひおすすめしたいコーヒーです。


ウマヅラという名前でピンときた方は
相当なマンデリン通!
かつて5年ほど前までは日本にも
時々入荷していた大粒希少種で、
正確にはティムティムバランギリと言います。
(馬面のように大きく長い形状から、
日本ではこの名が付いたようです)
味わいの良さから値段が高騰し、
欧米のトップロースターが
高値でさらっていくようになり、
現在はほとんど国内では見かけなくなりました。
今回は単一ではありませんが、
約1/3がこの馬面です。

インドネシア、北スマトラ州、トバ湖周辺は
マンデリンコーヒーの高級産地が
点在する場所として知られます。
中でも南岸に位置するリントンは
その筆頭格に挙げられます。
(ちなみにトバ湖は約7万年前の
史上最大規模と言われる
巨大噴火によって作られた
世界最大のカルデラ湖です)

タバック族と呼ばれる、
大変美しい民族衣装で知られる
現地の方々が栽培を行っています。
(ちなみにタバック族は歌の
うまい民族としても知られていて
茶摘み歌ならぬ、
コーヒー摘み歌が
畑のあちこちから
聞こえてくるそうです)

関連情報

Facebookコメント