イエメン モカ バニマタール(マタリ) 中煎(シティロースト)

イエメン モカ バニマタール(マタリ) 中煎(シティロースト)

販売価格: 864円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

在庫なし

商品詳細

日本では「モカ」はイエメン、エチオピア産のコーヒーの総称として、 
また「モカ・マタリ」はほぼイエメンモカの総称として
販売されることが多いと思います。

しかし、本来マタリはイエメンの中でもこの

バニマタール地方で栽培されるコーヒーのことを指します。

 1800年代、イエメンがまだ世界最大のコーヒー輸出国であった頃、
最高級産地であったバニマタール地区のコーヒーを他産地と区別するために
マタール(マタリ)の名前を袋に付けたのがモカマタリの始まり。

バニ・マタール地方は主都サナアから南西に位置し、
現地の言葉でバニ(子孫)マタール(雨)、

「雨の子孫」と呼ばれるほど水に恵まれた地域です。
粒のそろいなどはあまりよくありませんが、

アラビカ種コーヒーのほぼ原種に近いとされる大変貴重なコーヒーで
小規模な農家がそれぞれ先祖伝来のまま栽培しています。

複雑で妖艶なアロマ、極上の甘さとまろやかで豊かなコク、
独特な余韻がとても長く続きます。

ちなみに 「モカ」とはイエメン南部にある世界最古のコーヒー積出港の名前。
現在は砂に埋もれ、港としては機能していません。
17世紀半ばまで、コーヒーは世界で唯一この港からだけ出荷されていました。

今でもヨーロッパやブラジルでは
「モカ」とはコーヒーそのものを意味する言葉として使われているんですよ。

エチオピア西部〜スーダン国境付近が原産とされるコーヒーですが、
当初は種付きのチェリーをそのまま砕き、
だんごのようにして食べていたそうです。
カフェインによる覚醒作用があったことから、
主に夜間に行われる宗教儀式などで
眠気覚ましとして薬用に用いられたのがその始まり。
その後種の部分を乾燥させ、焙煎した後にお湯で煮出すスタイル、
現在のトルココーヒーのような状態で抽出し、
液体のコーヒーとして飲まれるようになったのが
所説ありますが13世紀頃と言われています。

イエメンは紀元前7世紀のシバの女王でも知られる
大変歴史の古い国ですが、
13世紀前半〜16世紀中ごろまで南イエメン周辺を支配した
ラスール朝は紅海〜アラビア海〜インド洋に大きな影響力を持っており、
中国〜中東〜ヨーロッパにまたがる貿易上の重要な位置にありました。
このラスール朝のもとでコーヒー貿易は
一機に世界規模の取引商品となっていきます。

ラスール朝はいち早くコーヒーの商品価値に気づき、
コーヒーの生産、流通を管理する体制を築きます。
種苗の国外への持ち出しは厳禁とされ、
破れば死刑が課されるほど厳格なものだったそうです。
生豆も一旦熱湯を通し、発芽しない状態で輸出されました。
この時に整備されたのがモカ港。
唯一の輸出窓口とされました。
イエメン産だけでは旺盛なヨーロッパでの消費に追い付かないため
ラスール朝の勢力下にあった対岸のエチオピアでも
コーヒーの栽培が奨励され、
一旦イエメンに運ばれ、モカ港から出荷されました。
今もエチオピアのコーヒーにも「モカ」という名前がつくのには
こうした歴史的名残りがあるからです。

関連情報

Facebookコメント