ブラジル ボブリンク FAF農園  中煎り(シティロースト)

ブラジル ボブリンク FAF農園  中煎り(シティロースト)

販売価格: 750円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

在庫なし

商品詳細

200gで10%OFF 500gで20%OFFとなります。

 

濃厚にして、芳醇、

複雑な香味はブラジルコーヒーの枠を超えています。

長く香ばしい余韻、軽やかな切れ。

世界中のトップロースターが

絶賛しているコーヒーです。

 

  

〜ボブ・リンク コーヒーグループ〜 

ブラジルサンパウロ州モジアナ、

世界に冠たるブラジルコーヒーの中でも

最も伝統と歴史のあるコーヒー産地です。

このモジアナの極小規模(多くは家族経営)で

かつより高品質なコーヒーを手作りで作ろうという

生産者達の集まりが「ボブ・リンク」という取り組みです。

ボブリンクとは南米と北米の間を行き来する渡り鳥のこと。

産地のブラジルと、主たる消費地のアメリカとの間を

渡り鳥のように様々な情報を行き来させ、

より良いコーヒーを作ろうとする活動です。

 

その中心にして、ボブ・リンクコーヒーの提唱者となったのが、

このFAF(ファゼンダ・アンビエンタル・フォルタレーザ)

ファゼンダ環境農園です。

 

生産性重視という流れとは完全に離れ、

ブラジルで受け継がれてきた伝統的な手作業による栽培。

現在のブラジルでは珍しいシェードツリー(日陰樹)を用いること、

農薬や化学肥料に頼らず、

コーヒーが本来持っている、

野生の力に

生産者の手間と暇を惜しみなく注ぐことで

従来にはない新しいブラジルコーヒーの

トレンドを作り出しつつあります。

 

創業は1850年、

モジアナで現存する農園としては、

最古参の一つに数えられる農園ですが、

2000年頃からかつての農園経営に回帰することを目指し、

様々な取り組みを行っています。

 
(オーナー夫妻)

現在はトップオブトップのブラジルコーヒー生産者として、

アメリカを始め北欧などの

名だたるサードウェーブコーヒーの名門達から

絶大な信頼を得ています。

 

関連情報

Facebookコメント