パナマ オホ・デ・アグア農園 ゲイシャ ワイニー   中煎(シティロースト)

パナマ オホ・デ・アグア農園 ゲイシャ ワイニー   中煎(シティロースト)

販売価格: 1,500円(税込)

在庫なし

商品詳細

コーヒー界の王様として君臨するパナマ産のゲイシャ種を

この地域では珍しい(難しい)ナチュラル精製で仕上げた逸品。

スーパーフルーティーなワイニーフレーバーをご堪能下さい!!

 現在中米のトップクラスの農園では高品質のコーヒー栽培はもとより、

その精製方法についても非常に多くの工夫がされるようになってきています。


中米では伝統的にウォッシュドと呼ばれる精製方法が主流で、

コーヒーの鮮度管理などの上でも大変優れた精製方法として

世界中の標準的な精製方法として普及しています。

ナチュラル精製は収穫したコーヒーチェリーをそのまま天日乾燥にしてから

脱穀を行う原始的な方法で、現在はブラジルやイエメンなど

収穫期に雨の少ない一部の地域で限定的に行われている精製方法です。

収穫期にもスコールなどの多い中米ではそもそも無理があるのですが、

雨に濡らさずにじっくりと乾燥させると、

ウォッシュドでは想像もできないようなフルーティーな仕上がりになります。


 このコーヒーはそのナチュラル精製を

現在コーヒーの王様として君臨するゲイシャ種で行ったものです。


 いわゆるワイニーと呼ばれる大変フルーティーで複雑な香味、

冷めたらほとんどジュースです!

今回はウォッシュドとワイニー2タイプの精製方法のコーヒーをご用意しています。

両者の違いを試すのも面白いですよ!

 

エスメラルダ農園を筆頭にパナマのゲイシャ種は超がつく高級銘柄。

今年の一般的な小売価格は100g3000円超が相場といった感じです。

このオホデアグア農園は同じパナマ産でありながら、

オークションなどを通さない予約買付ということもあり

相場のおよそ半額でのご案内となっています。

パナマのゲイシャを試すにはもってこいだと思いますよ!!

 

 日本では酸味のあるコーヒーは敬遠される向きが多いように思いますが、

コーヒーは本来フルーツから生まれるもの。

きれいな酸味は上質なコーヒーには共通してある重要な要素でもあります。


(これとは別にコーヒーの品質が低いことによる欠点豆の混入や、
鮮度の問題で酸化してしまったことによる「悪い酸味」というものもありますので
両者はぜひ区別してお考え下さい)



関連情報

Facebookコメント