エチオピア・モカ ナチュラル  中煎(シティロースト)

エチオピア・モカ ナチュラル  中煎(シティロースト)

販売価格: 680円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

在庫なし

商品詳細

200gで10%OFF 500gで20%OFFです


世界でもトップクラスの評価を受ける
エチオピア南部イルガチェフェのナチュラル精製もの!
4年ぶりの入荷となりました!


イルガチェフェ地区では通常フルウォッシュド精製が一般的ですので、
非常に貴重なコーヒーでもあるんです。


フルウォッシュド精製は果肉を水洗除去した後、残ったヌメリを
水槽の中で発酵除去し、その後乾燥、脱穀を行う方法。


ナチュラル精製は果肉がついたままのコーヒーチェリーを
そのまま天日乾燥でカラカラになるまで乾燥させてから脱穀する方法です。


ナチュラル精製には異物や未熟豆などの混入リスクがありますが、
このコーヒーは完熟の最高級チェリーだけを丁寧に選別し、
それを丁寧なナチュラル精製にかけることで、
独特なフルーティーで甘みの伴ったコーヒーを作り出しています。

数年前からパナマなど中米の意欲的な農園でも
このナチュラル精製に取り組むところが増えていて
ちょっとしたブームのようになっていますが、
イルガチェフェはそのお手本、先駆けと言えます。

ナチュラル精製は収穫期に雨の少ない乾燥した地域でないと、
チェリーの発酵、腐敗に繋がりかねず、
ブラジルやイエメンなど限られた地域でのみ行われていました。

ただ、イルガチェフェや中米など、
収穫期にも雨の降るような、湿度が一定以上ある地域で、
細心の注意を払いながらナチュラル精製を行うと
非常に芳醇なアロマを放つコーヒーが生まれます。

 

エチオピアでは数年前から単一農園ごとの
コーヒー売買が禁止されてしまっています。
そのため、このような特徴のあるコーヒー、
農園ごとや精製方法別の買い付けが
極めて難しくなっておりました。

中米の農園でナチュラル精製を行うところが増えたのは、
イルガチェフェのナチュラルが市場から姿を消してしまい、
その香味の復活を願う世界中のファンからの要望によるところが大きかったのです。
(特に日本からの要望が大きかったようです)



関連情報

Facebookコメント