タイ ドイトン メイ・ファー・ルアン  中煎り(シティロースト)

タイ ドイトン メイ・ファー・ルアン  中煎り(シティロースト)

販売価格: 735円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

在庫なし

商品詳細

200gで10%OFF、500gで20%OFFとなります!

 タイ王室、メイファールアン財団が行う貧困および麻薬撲滅のための取り組み「ドイトン・プロジェクト」によって栽培されたコーヒーです。 

 ドイトンはゴールデントライアングルと呼ばれ、かつてケシの一大生産地であった場所に位置します(タイ、ビルマラオスの国境沿い)。アカ族やミャオ族など多くの少数民族が急峻な山間に暮らしている土地ですが、麻薬栽培は村人への麻薬中毒を蔓延させ、貧困や暴力、人身売買など諸悪の根源にもなってきました。
 そんな中、1988年から現国王の母君ソンワーン皇太后のもとケシ栽培からコーヒーやランなどの換金作物への転換、陶芸や観光地化などを合わせた支援策を行ってきました。

 もともとコーヒー栽培に適した風土と、ここ数年は世界中のコーヒー関係者の支援等もあり格段に品質が向上しています。フェアトレード認証などは受けていませんが、ある意味究極のフェアトレードコーヒーと言えるのかもしれませんね!
 すっきりとした口当たりとほのかな苦味、きれいな余韻が特徴のコーヒーです。上品な苦味系のコーヒーというのは実は以外と少ないんですよ!タイでは上質なアラビカ種コーヒーはこれまであまりお目にかかることがありませんでしたが、これはちょっと例外、掘り出しものです!

 メイ・ファー・ルアンとは「天から舞い降りてきた天使」という意味。ヘリコプターで国中を飛びまわって貧しい人々や不遇の人々に尽していたソンワーン皇太后の愛称であったそうです。ソンワーン女史亡き後も王室ファミリーが牽引し、現在この活動は国連を通じてミャンマーやアチェ、アフガニスタンなどにも広がっているそうです。

関連情報

Facebookコメント